paseri paseri blog

人と違う事って何だろうと探しています。

衣笠茸3(この秋たくさん生えました)

 

みなさん、こんにちはパセリです。

 

 

はじめに

今回のテーマは衣笠茸、春と秋に家の側にある竹藪に数本生えます。

 

ある意味松茸より希少価値はあるのでは無いかと思います。

 

衣笠茸

f:id:paseripaseri:20191105225345j:image

 

前にもブログで書いたのですが、珍しいキノコで、枯れた竹から栄養をもらい、幼菌と呼ばれる大きなたこ焼きぐらいの大きさの卵ができます。

f:id:paseripaseri:20191105225942j:image

 

上の写真の幼菌はヒビがはいってますが本来は梅干の表面の様にしわがあります。

 

10月のとある日それは台風が過ぎて2日ぐらいたった朝の事です、出勤しようと車にいくとその先に何か白い物が。

 

「あ、衣笠茸だ。」すぐわかりました、そろそろ生える頃だと思ってましたし、緑の草むらの中に白は目立ちます。( ´∀`)

f:id:paseripaseri:20191115225100j:image

 

ただすでに本体は虫に食われてぼろぼろでした。

 

仕事にでる時間でしたのでそのまま出勤、少し残念でした。

 

次の日また出勤しようと車の所に行くと、また白い物が、近づくとこの日は新たに三本の衣笠茸が生えてました。(*⁰▿⁰*)

f:id:paseripaseri:20191116150106j:image

 

見えますでしょうか?上の左右と手間右下の三本です。

 

三本も一緒に生えるのは初めて見ました、これは台風の影響でしょうか、かなり雨が降りましたからね。


f:id:paseripaseri:20191116194046j:image

f:id:paseripaseri:20191116194050j:image

f:id:paseripaseri:20191116194053j:image



こうやって並べますと当たり前の様に生えてますが、レアですからね。(*´꒳`*)

f:id:paseripaseri:20191116195520j:image

 

この時よく見えませんが小さな虫が、飛び回ったり止まったりしてましてまして、前から計画してた食べてみると言う事に躊躇してしまいました。(*´-`)

 

大体雨が降ってから2〜3日で生えるので次の日も期待してましたが、生えません。

 

食べよう

土が四日目になると乾燥するので諦めてましたが、朝の出勤時なんと白い物体が❗️


f:id:paseripaseri:20191116200101j:image

f:id:paseripaseri:20191116200105j:image

 

右は草に抑えられて横向きです、左を見ると綺麗に虫もつかずすらりと伸びてます!

 

これは!イケル❗️

f:id:paseripaseri:20191116200529j:image

 

興奮して収穫し振り向くと、玄関から洗濯物を手に嫁さんが見てました。

 

食べようと思っている事を言えず「また生えたよ。」そっと下に置きました。:(;゙゚'ω゚'):

 

言えば、「また変な事考えてる。」と言われかねないので止めたのですが、とりあえず取って置けばよかったのでは無いかと反省してます。

 

言い訳などなんとでも付けられたのではないか?なんで置いて出勤してしまったのだろう。

 

「会社の人に見せてあげる。」と言えば持って行けたのに。

 

後悔先に立たずですね、次は必ず乾燥させて頂いてみます。

 

梅雨と秋、年二回生えるので次の梅雨を待ちたいと思います。

 

今度は乾燥させて戻し、中華スープかラーメンなどにいれたら美味しいのか食レポしたいと思います。

 

最後に

多分山にも少しくらい衣笠茸が生えていたのではないかと思います、なかなか見に行けないのですがもったいない事です。

 

この間ネットで衣笠茸を調べていたら本当の衣笠茸は幼菌が白っぽいのがわかりました。

 

ではこれは何?と思いましたら、赤玉(幼菌が赤い)

と呼ばれるそうです。

f:id:paseripaseri:20191116214908j:image

 

どちらが良いとかまだまだ勉強中です、ただ西日本には赤玉が多いと書いている人もいます、臭いも衣笠茸は糞臭で赤玉は熟したマンゴー臭だそうです。

 

また新たな事、梅雨時期になりましたら報告させて頂きます。m(_ _)m

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。

 

 


男の手芸ランキング

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 男の手芸へ
にほんブログ村